世界との交流は止まらない! オックスフォード大学との 「SDGsオンライン海外研修」

2021.05.1

2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響によって海外への移動が制限され、
毎年行っていた国際交流イベントも中止となりました。

しかし、学生たちの貴重な学びの機会を失うわけにはいきません。

そこで、テクノスカレッジの海外姉妹校であるオックスフォード大学と協議を重ねた結果、
2021年2月〜3月にかけて約1か月間におよぶオンラインでの海外研修を開催しました。

SDGsで世界とつながろう



2020年度の研修のテーマが「SDGsで世界とつながろう」です。

研修初日は、オリエンテーションが行われ、

研修の目的・目標の確認や、両校の研修生の顔合わせなど
和やかな雰囲気で始まりました。

2日目には、両校の学生たちがSDGsにおける世界の取り組み事例や
日本国内の取り組み事例について学びました。

その後、学生たちは4チームに分かれてグループワークを行います。

各チームでSDGsが目標とするテーマを選択し、
どんな取り組みをするべきかなどアウトラインを議論。

日本語での中間発表、英語スクリプトの作成を経て、
研修最終日には、両校の学生による
SDGsプレゼンテーション会が行われました。

また、研修の中盤にはSDGsを体験するためにオンラインによるSDGsカードゲームなど、
みんなで楽しめるプログラムも実施されています。



オンライン英会話レッスン&オンラインバーチャルツアー


今回の研修では、Oxford English Center英会話レッスン
のプログラムも行われました。

さらに、日本再発見プロジェクトスタッフディレクターや立教大学講師を務めており、
オックスフォード大学ペンブローク校の卒業生でもあるWarren A. Stanislaus氏をゲストに迎え、
オックスフォード大学を紹介するバーチャルツアーも実施。

さすが卒業生!
数々のイギリス首相を生み出したオックスフォード大学の伝統あるキャンパスの中を紹介してもらい、
モニター越しではあるものの、あたかもオックスフォード大学のキャンパスに実際に足を運んだような感覚になりました。

また、オックスフォード大学の歴史を通じて、イギリスにおける上流階級層の実態や
社会の問題点などリアルな点にもふれていただき、非常に興味深いツアーでした。



学生によるテクノスカレッジやキャンパスのある小金井市の紹介


そして、オックスフォード大学ペンブローク校の学生に
とても好評を博したのが、テクノスカレッジの学生による英語での
キャンパスや小金井市の紹介プログラムです。

小金井市を代表する世界的な企業といえば、スタジオジブリ。
ここ、小金井市にはジブリ作品に登場する建物や景色などがたくさんあります。

ほかにも、小金井市を代表する観光スポットなどがまとめられたこの動画は、放送芸術科と観光学科の学生がコラボして制作されました。
テロップは日本語ですが、当日は英語による同時通訳もしています。

今回の研修は、あくまでも英語学習がベースですが、SDGsやイギリス社会の現状など、
さまざまな観点から世界を学べる有意義な機会となりました。

テクノスカレッジでは、今後も年間を通じてさまざまなグローバルコミュニケーションを企画しています。

また、オープンキャンパスでは
今回のオンライン研修などの様子を詳しく紹介しています。
ぜひ一度、足を運んでみてください!

テクノスカレッジを知る